CA関連 転職活動

CA受験の心構え

最近また採用が復活してきましたね!

なかでもソラシドエアについては新卒とともに既卒も採用があり、何と数年ぶりの採用とのことです。

貴重な既卒枠ですので受ける方はもちろん沢山いらっしゃいますし、経験者枠も貴重な羽田ベースということもあり、

外資系で解雇となってしまったCAの方や、私のようにCA復職を目指す方が沢山受けることでしょう。

さて、そんな激戦が予想されるCA試験ですが・・・

「絶対にCAになりたいんです」という受験生さんが当たり前ですがほとんどであって、想いが強いからこそ溢れる感情。

「落ちたらどうしよう、次いつ試験あるかわからないしそれまで現職で勤めるなんて」

わかります!すごく共感できますし、CA以外の職業で頑張っている方はより強く思っていらっしゃると思います。

わたしは新卒でとある航空会社からご縁があってCAとして働いていましたが、今思えば

「なんで受かったのかな」って今でも思うくらい、ほぼ記憶にない試験でした。

ただ一つ言えるとしたら・・・

「もうどうせ落ちてもいいや!JALANAはまた既卒で受けよう。それまではGSで頑張るか!

って開き直っていました。この開き直りが肩の力を抜いて、自然に試験に挑めていたことに繋がっていたのかもしれません。

まあ、試験の突破方法に攻略などないですし、もちろんご縁も試験結果に大きく左右する要因だと思います。

ただ、大手になればなるほど志望者も多いですし、熱い想いをお持ちの受験生さんも多いはず。

だからこそ緊張もしますし、その緊張が故に力を発揮できなかった経験がある方も多いはず。私もそのうちの1人。

JALANAに入りたい!そこで活躍したい!けど、現実全員がその夢をかなえられるわけではありません。酷ですが・・

自分が気づいていないところで、実は自分にあった会社があるんです。もしかしたら航空会社ではないかもしれません。でもそれは、試験を重ねて気づいていく人も多い。あるいは、大手航空会社ではないかもしれない。でも入ってみたら自分の輝きが発揮されて、そこに居心地の良さを感じるかもしれない。

CAをやってきた経験があるからこそ見えてくることも実際に多く、今となっては新卒で働いていた航空会社はわたしにとって、

ふるさとのように大好きな場所です。ただ、わたしはそこでやり切ったと決意して他業種でチャレンジしてみたい気持ちが大きく勝って、今は全然違うお仕事をしています。

でも一応、受けます。

夢を持てる、追いかける夢があることは幸せなことです。大人になってなかなかないことだと思います。

だからこそ、構えすぎず一つの体験として試験を受けられるといいですよね☆

 

  • この記事を書いた人

まるこ

奈良県出身。関西大学卒業後、国内大手航空会社に新卒で入社。国内線CAとして4年間乗務。その後数回転職をし、都内ベンチャーで働いています。このブログではCAにまつわる話、転職活動、現在の生活などをお伝えしていきます☆Twitter、Instagramはこちら☟

-CA関連, 転職活動

Copyright© まるこぶろぐ , 2021 All Rights Reserved.